ニキビ化粧水 - 効果的なニキビ跡対策って何だろう?

ニキビ跡 消す 化粧水 → ニキビ跡を消す化粧水│ニキビ跡ができる原因とは?

ニキビ跡を消す化粧水│ニキビ跡ができる原因とは?

ニキビの嫌なところは、ニキビができているその時だけでなく、跡としても残ってしまうことです。今はニキビに悩まされていなくても、過去のニキビの跡やシミのために悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。
ニキビ跡を消す化粧水のおすすめは?

ニキビ跡ができてしまうわけは、簡単に言ってしまえば肌のターンオーバーがうまくいっていないためです。肌のターンオーバーとは、古い角質がはがれおちて新しい肌に生まれ変わることを言います。人間は肌だけにとどまらず、爪や髪の毛、そして骨までもが日々少しずつ生まれ変わっているのです。

すべての細胞が入れかわる期間は、部位によって異なりますが、肌の場合だいたい28日前後の周期で生まれ変わると言われています。これが28日経っても自然と古い角質がはがれおちない、新しい細胞ができないとさまざまな肌トラブルを引き起こすわけです。

ターンオーバーがうまくいかないこと自体がニキビを生む原因になります。加えてニキビができているのに、なおターンオーバーがうまくいっていないと、ニキビ跡やシミを作ってしまうのです。

特に赤ニキビと呼ばれる炎症を起こしたニキビの場合は、跡が残りやすくなります。またニキビができて腫れているところに次のニキビが重なるようにできると、それもまた跡やクレーターといったものになりやすいです。

こうしてできてしまったニキビ跡は、肌表面だけでなくその下にある真皮層まで傷ついていることが多いので、多くの場合完全には消えません。年月が経つにつれてある程度目立たなくなったりしてきますが、やはりそれなりにケアを続けていかないと薄くするのも大変なことがあります。

今はケミカルピーリングなど皮膚科で行える治療もありますが、費用もかかりますし、肌質によっては全員に効果があるわけではありません。よってニキビ跡やニキビによるシミ、クレーターを作らないためには、ニキビができた時に正しいケアをすることが大切です。

もっといえば、ニキビそのものを予防するほかありません。ニキビができやすい習慣は意外と身近にあります。それを知って、できることから改善していくだけでも随分と違いますよ。

洗顔にひと工夫加えてニキビケア

ニキビケアの基本は洗顔と言われています。正しい洗顔を行うことはもちろんのこと、さらにひと工夫加えてさらにニキビケアをしたいですよね。

まず洗顔の回数ですが、ニキビケアには清潔が一番と思って一日に何度も洗顔をしていませんか? テレビCMなど見ていると、昼間でも機会があれば洗顔をしているようなイメージがあります。

しかし実際のところ、ニキビケアには洗顔は朝と夜の一日2回で十分です。むしろそれ以上の洗顔は、肌を守るために必要な皮脂まで落とし、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

洗顔をする前に、蒸しタオルで毛穴を開いておくのもおすすめです。こうすることで毛穴の汚れを効果的に落とすことができます。顔に蒸しタオル数分当てるだけで気持ちよく、リラックス効果も期待できるでしょう。

お湯にタオルを浸して絞るという方法でもできますし、水で濡らしたタオルを絞ってからレンジで1分程度温めるだけで蒸しタオルができます。時間はレンジの種類や強さにもよるので、ヤケドしないようほどよいタイミングを見つけてください。

次の洗顔のポイントは、水の温度です。洗顔に適切な水温は32℃くらいまでのいわゆる“ぬるま湯”と言われています。冷たいと汚れが落ちにくいばかりか、毛穴が閉じてしまってつまりが取れません。

だからといって熱いお湯は、皮脂を落としすぎてこれまたニキビの原因となってしまいます。ちなみに汚れを落としてぬるま湯ですすいで、最後に冷たい水で毛穴をしめるのはOKです。

洗顔のときは、肌をこすらないことがもっとも大切なポイントになります。こすらないというか、もはや指は直接肌に触れないイメージです。そのためには洗顔料を十分に泡立てて、泡で洗うようにします。

どうしても手に力が入って肌をこすってしまうという人は、薬指の腹だけをつかってクルクルと洗っていくと力が入りすぎないのでいいですよ。このときの洗顔料も洗浄力が強すぎず、香料や着色料などが入っていない無添加のものを選びたいですね。

ニキビ跡に関する関連記事

ニキビがひどい場合は皮膚科を受診しよう ・ニキビができている場合の洗顔法

大人ニキビが繰り返しできる時の対処法